祖母KIYOSHIYAと孫の私の共同生活始めて30年。。。日々少女に戻っていくKIYOSHIYAとのドキュメンタリー^^


by kiyoshi-ya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

 新年!!

KIYOSHIYA放浪記をご愛読の希少な方。。。

ご無沙汰しております。孫です。。。

年末年始、何故かバタバタしておりましてパソコンを開くことを忘れておりました。



先日KIYOSHIYAの保険証を見ていたら生年月日の欄に『1919年』と書いていました。

1919年。。。。すっっっっげぇ!!

歴史に全く興味がない私にとって1919年という響きは『ちょんまげ』『切腹』の時代。

改めてKIYOSHIYAの凄さを思い知らされました。

KIYOSHIYAは本日より元気に登校(デイケア)へ。。。

相変わらず『デベソ(出たがり)さん』です。

年末に私の母のお墓参りに行く時もソワソワしてました。

外は吹雪。。。

お墓は山の中なので内緒にしようと思っていたのですが。。。

KIYOSHIYAは騙されません。

そっと出て行く私に

『ばあちゃんはこれでいい??』と自分の服装を確認。

『寒いからお留守番してて!風邪ひくよ』と言うと

『・・・・・・・』

諦めてくれたのか。。と玄関へ行く私の背中に

『私も行きた〜〜〜〜〜い!!』と大きな声。。。子供か。。。


連れていきました ( ̄ω ̄;)

車中で爆睡、到着してもKIYOSHIYAが歩ける様な天候ではないので車中で待機。

でもKIYOSHIYAは満足そうでした。
[PR]
# by kiyoshi-ya | 2011-01-04 11:32 | KIYOSHIYA

 すてきな朝食。。。

KIYOSHIYAはよく食べます。

私より食べます。

家事の経験も少ないからでしょうか。。。

そのメニューは斬新です。

朝、台所に行くと白いご飯を一生懸命かき混ぜているKIYOSHIYA。

スプーンで「これでもか!!」って位にグリグリグリグリ。。。

そこに。。。。

オロナミンCを投入。。。

そして。。。グリグリグリグリ。。。

「何してるの?!」の問いに。。。

「チャレンジ中!」と嬉しそうにKIYOSHIYA。

一口食べて。。。

「おいしい!」と嬉しそうにKIYOSHIYA。

彼女のアイディアは奇抜すぎて想像を超えてます。
[PR]
# by kiyoshi-ya | 2010-12-25 13:36 | KIYOSHIYA

 恩返し。。。

KIYOSHIYAは超・超・超、前向きな人です。

何が起きようと思考回路がラッキーな出来事として変換されます。

それは91歳になった今だからではなく、昔からです。

きっと、そうでもなければ生きて行けなかったのではないでしょうか。。。

KIYOSHIYAは大正生まれ、二人の息子を生み、当時としては裕福な暮らしをしていたそうです。

『裕福』っていうのは本人談なので真相はわかりませんが。。。(-。-;)

KIYOSHIYA26歳、次男(私の父)1歳の時に旦那さま(私の祖父)は他界しました。

それからKIYOSHIYAは再婚をすることもなく定年まで勤め上げた人です。

かなりモテたらしいのですが、これまた本人談なので。。。(・・;)

なのでKIYOSHIYAは『家事』というものの経験が少なく、

『節約』という概念も持っていません。

そんなKIYOSHIYAとの生活は私が5歳の時から。。。

私の母が病で倒れ、しばらくして姉も父も家を出て行き。。。

気づけばKIYOSHIYAと二人。

それでもKIYOSHIYAは笑っていました。

KIYOSHIYAの涙を見た事はありません。

4年前、KIYOSHIYA87歳。大腿骨を骨折し『入院』というものを初めて経験しました。

歳も歳なので、もうこれで終わりか??とも思いました。

お医者さんからも『痴呆が進んでいるようなので、施設に入れた方が。。。』と言われました。

時計を見ても何時なのか理解できない。

ベットで横になることを嫌い、廊下を歩き回るKIYOSHIYA。

私もショックでした。

まさかKIYOSHIYAがこんな風になるなんて。。。

初めての入院生活で、本人もかなり動揺していたのでしょう。

当時住んでいたアパートは階段が急な為、許可が出ず引っ越しもしました。

入院前はバスに乗ってウロウロするのが好きだったKIYOSHIYA。

環境の変化の恐ろしさも知ったので今のアパートから近く、バス停まで段差がなく、エレベーター付きのマンションへ。。。

『まだまだ一緒に住みたい!!』それだけでした。

時間をかけ。。ゆっくり。。。ゆっくり。。。


私は恩返しの最中です。

KIYOSHIYAは常に私のそばで今も昔も笑ってくれていました。

最強の見方です。

私はKIYOSHIYAに怒られたことがありません。

甘やかされて育ったと自分でも思います。

でも、

大切なことも沢山教えてもらいました。


私は恩返しの最中です。
[PR]
# by kiyoshi-ya | 2010-12-25 13:22 | KIYOSHIYA
はじめまして!KIYOSHIYAの孫です。

KIYOSHIYAと暮してあっという間の30年。。。

ひょんな事からブログでKIYOSHIYAとの毎日を綴ってみることになりました。

一人で受け止めイライラしてしまっていたことも

「いいネタになる!!」と発想を変えることにより、

毎日がもっと楽しくなるはずだと。。。

ブログ師匠がおっしゃっております。

二人生活のスタートは追々書いていこうとおもいます。

涙あり、笑いあり。。。

彼女にとっては日々大真面目。

私にとっては日々新発見。


ちなみにロゴ画像は

今年の介護認定の面接官の方がこられた時に

「普段KIYOSHIYAさんは何をして過ごされていますか?」の問いに

「お裁縫!!」

と誇らしげに語っていたKIYOSHIYA。。。

彼女の「お裁縫」とは。。。

a0184728_212327.jpg


穴が空いてしまったKIYOSHIYAの靴下。



彼女の「お裁縫」に針と糸は不要なようです。
[PR]
# by kiyoshi-ya | 2010-12-24 20:38