祖母KIYOSHIYAと孫の私の共同生活始めて30年。。。日々少女に戻っていくKIYOSHIYAとのドキュメンタリー^^


by kiyoshi-ya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

私はダメな孫だ~~~~の初日

つい先日のことでした。
KIYOSHIYAが通うデイケア(KIYOSHIYA曰く会社)から電話が。。。
「昼食後、KIYOSHIYAさんが息ができないと言われて。。今、横になってもらってます」
その言葉を聞いた瞬間、過去の出来事が私の頭を駆け巡った。

あれは4年前。。。母の時もそうだった。
仕事中に携帯が鳴り。。。。結局ひとりで母の最期に立ち会った。。あの日の事を。。。。。

急に恐くなり、「今すぐ病院へ連れて行きます!」私は頭で考える前にそう口にしていた。

なんで母の時にすぐ口にできなかったんだろう。。。。。。

とにかくすぐに病院へ。。。。

ところがかかりつけの病院は昼休みの時間。

あと1時間もある。

一旦出直そうと思った私にKIYOSHIYAは

「お腹がペコペコ!!!お腹すいた~~~~」と駄々をこねだした。

あれ???昼ご飯食べたばかりなはず。。。

とりあえず近所の定食屋さんへ

ペロッと完食!!!推定、成年男子の量!

お腹を満たしたところで病院へ。。。

結果、熱は少しあるものの至って正常。

風邪薬を処方され帰宅。

「もうご飯はいらないよね?」念のため確認。

「いっぱい食べたからもう大丈夫!」笑顔のKIYOSHIYA。

。。。。当たり前だヾ(- -;)

元気そうだし、私は友人と出掛けることにした。

明日の分のお小遣い1000円をテーブルに置いて。。。

家に戻ると当然テーブルの上の1000円は消えており、KIYOSHIYA就寝中。

リビングの床の上にはおにぎりの海苔(切れ端)が落ちている。

また食べたか ヾ(- -;)

冷蔵庫を開くと少しだけ残してあるドロドロのカップアイス。

注)KIYOSHIYAは冷凍庫と冷蔵庫の区別がつきません。

デザートまで食べちゃいましたか。。。

沢山食べれるのは良い事なんですが、

KIYOSHIYAの金銭感覚にいつも頭を悩ましているのも事実。

お金を見るとなにか買わずにはいられない性分。

行きつけの店(コンビニ)で思いつくものを手当たり次第に買ってくる。

その行動をなんとかしなければ。。。

だからKIYOSHIYAは1日1000円。

しかも私がご飯を用意できていれば、その1000円も必要ないはず。

と。。そんな考えは甘かったのか。。。

その日の深夜、リビングへ行くとベットの上に座っているKIYOSHIYA。

しかも下半身真っ裸!!!

恐る恐る『ど〜したの?』と訪ねると

『パンツがじぇ〜んじぇん(全然)無い』とキレ気味。

『こんな夜中に!!』とムカつく気持ちを抑え、タンスやベット周りを探す私。

『そこはもう探した!』『そこも見たっちゃ!!』と私の捜索意欲を削ぎまくるKIYOSHIYA。

怒り爆発!!!!もう探しちゃらん!!!無いモンは無い!!!

ステテコに尿とりパットで寝かせることに。。

不満そうに眠りにつくKIYOSHIYA。

一つだけ聞きたい。20枚以上あったパンツはどこへ????

KIYOSHIYAに聞いてもまともな答えが返ってこないのも知ってる。


たぶん。。。捨てたな。。。。。
[PR]
by kiyoshi-ya | 2011-04-20 23:56 | KIYOSHIYA